2014年11月09日

三河・佐久島アート・ピクニック 2014

愛知県にはいくつかの離島がありますが、


その中でも「日間賀島」「篠島」「佐久島」この三島については


「名前を知っている」という愛知県民も多いんじゃないかなと思います。


今回は「アート」で観光誘致を行っている

西尾市一色町の佐久島をご紹介してみたいと思い。ます


冒頭で紹介した三島のうち「日間賀島」と「篠島」は南知多町に属しているため


佐久島へは知多半島から名鉄海上観光船を使ってアクセスするのですが、


久島は西尾市に属しているため、


二島とは異なり三河(西尾市内)からアクセス。しかも市営の渡船です


佐久島への船はだいたい2時間に1本のペースで運行


そんな運行内容なら、


きっと船も空いてるんだろうな・・・っと思ったら大間違い、



出発待ちをしている船には多くの乗客が・・・佐久島、なんか凄い人気スポットに?


それは・・・


高齢化と過疎化の波が押し寄せる三河湾最大の島、愛知県西尾市一色町佐久島。


島の持つ自然や伝統とアートとの出会いによって、佐久島の地域活性化を目指します。


のをコンセプトに「祭りとアートに出会う島」とキャッチコピーがうたれ、


島のあちらこちらに現代アート作品が点在しており、


それがひとつの大きな魅力となっている。


その広告を見て興味を持ち、大勢の人が訪れている


島内に点在する常設展示のアート作品20点(と、期間限定展示の3ヶ所)を巡る


スタンプラリー。東西渡船場と弁天サロンで無料配布している


地図と解説付きスタンプシートを持って島巡りをする


アート・イベント。アート作品を巡ることで、


自然に佐久島の魅力的な風景にも出会えます。


アートを巡りながら、佐久島発見の旅に出よう!


















posted by TWC at 17:45 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。